青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

三鷹の森ジブリ美術館で「ジブリ飯」を再現した「食べるを描く。」が開催 期間・料金・アクセス・場所など

ジブリ好きなら誰もが知っている、三鷹の森ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」がスタートする。

「食べるを描く。」の概要

f:id:ak2211:20170406132745p:plain

(画像引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2088744/photo/1/)

 

ジブリ飯」とも言われる、スタジオジブリ作品を見た人の記憶に残る数々の「食事シーン」を取り上げ、アニメーションの原画や制作資料とともに、そのシーンがどのように描かれているのかをひも解きながら紹介する企画みたいです。

例えば

天空の城ラピュタ 「目玉焼きトースト」を食べるシーン

千と千尋の神隠し  おにぎり"を涙を食べるシーン

ハウルの動く城   ベーコンエッグを食べるシーン

などがありますね。

 

展示では、これらの食事のシーンはどのようにして作られたのか?原画・絵コンテ・背景画などの制作資料を用いた解説もあるそうです。

キッチンの実物大も

となりのトトロ」のサツキとメイの家の台所、「天空の城とラピュタ」のタイガーモス号のキッチンを実物大で見ることができます。

三鷹の森美術館の場所は?

場所は東京都三鷹市

最寄駅は三鷹駅または吉祥寺駅

 

東京駅からは中央線で一本で、三鷹までは約32分吉祥寺は30分ほど。

三鷹駅からは徒歩で約15分、バスで5分。

吉祥駅からは徒歩で約15分、バスは出ていません。

「食べるを描く。」の期間

「食べるを描く。」の期間は2017年5月27日~2018年5月までになります。

三鷹の森美術館の開館時間は?

開館時間は10時~18時(火曜休館)にです。

 

入場は1日4回までと決まっており

・1回目 10時(10時30分までに入場)

・2回目 12時(12時30分までに入場)

・3回目 14時(14時30分までに入場)

・4回目 16時(16時30分までに入場)

の時間帯に入場するようになってます。

チケットの購入方法

三鷹の森ジブリ美術館は全て事前予約制になります。

予約は全国のローソンでのみ行うことができます。

 

毎月10日午前10時から、翌1カ月分を販売するそうです。

▼ローソンのチケット販売サイトはこちら

チケットの購入|ローソン

入場料は

大人・大学生 1,000円
高校・中学生 700円
小学生 400円
幼児(4歳以上) 100円

 

4歳以下は無料になるようです。

まとめ

ありそうでなかった、ジブリの「食事シーン」を取り上げた企画です。ジブリと言えばどれも心に残るシーンが多いですが、中でも「食事」に強く印象を残されることも多いのではないでしょうか。

 

今回の「食を描く。」は来年の5月までするそうなので、長期休みに家族や友だちや恋人と一緒に見に行くのもいいですね。