青年の戯れ言

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

【おしゃれイズム】本田望結の女優&スケート&学生の多忙生活とは

2017年4月2日に放送されたおしゃれイズムは本田望結の超多忙生活に密着したものでした。

 

女優&スケート&学生をこなす彼女についてまとめてみました。

 経歴

本田 望結(ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本俳優女優子役)、フィギュアスケート選手

京都府京都市出身。テアトルアカデミーを経て、オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜。妹は子役であり、フィギュアスケーターでもある本田紗来。

 ・女優として

2008年(平成20年)、4歳の時に、StyleONECMで芸能界デビュー。

2011年平成23年)10月期の日本テレビ系連続ドラマ『家政婦のミタ』への出演で人気を得る。

2012年平成24年)4月からBSフジの子供向け番組『モジーズ&YOU』にレギュラー出演をする。

2013年(平成25年)7月1日付で、オスカープロモーションに移籍。

2015年平成27年)、9月公開の『ポプラの秋』で映画初主演。同作が第18回上海国際映画祭、第39回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品される。

2017年平成29年)1月に放送のスペシャルドラマ『探偵少女アリサの事件簿』でドラマ初主演。

 

・スケート選手として

2011年平成23年)7月に小中高生約80人が参加し開催された関西大学主催の氷の甲子園では、2回転ジャンプを決めて小学3年生以下の部で優勝。2013年10月に開催された第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスB女子)8位。

2013年(平成25年)、第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会でノービスB女子に出場。56.08点をマークして8位に入った

2014年平成26年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスB女子において、67.19点をマークし、自身の記録を大きく更新した。2位に入り、第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会への切符を手にした。本大会では51.37点に終わり、36人中の25位。

2015年平成27年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子において74.35点をマークして4位に入り、第19回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会に出場。77.43点をマークして自己ベストを更新し11位に入ったが、濱田美栄コーチとともに目標としていた「トップ10入り」は惜しくも逃した。

2016年平成28年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子において最初のジャンプでの転倒から持ち直し79.68点をマークして3位に入り、4年連続で全日本フィギュアスケートノービス選手権大会に進出。第20回全日本ノービス選手権大会ではジャンプの着氷の乱れなどのミスはあったものの、86.02点を記録して同大会で自己最高位となる6位で初入賞を果たした。第39回京都府民総合体育大会・女子シングルジュニア幼年女子の部において、83.09点をマークして優勝。

2017年平成29年)からはジュニアのカテゴリーに出場予定である。

本田望結を有名にしたもの

本田望結を一躍有名にしたものは2013年に大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」で子役を演じたことから有名になりました。

f:id:ak2211:20170402232924p:plain

(引用元:http://news.mynavi.jp/news/2017/04/02/030/)

 

松嶋菜々子が演じるミタに泣きわめいたり、だだをこねたり、上目遣いする甘える姿が人気を博しました。

スケート選手としては

本田望結は5人兄弟の4番目であり、兄の本田太一と姉の真凜はフィギュアスケートの選手である。特に本田真凜は2016年の世界ジュニア選手権で優勝している実力者である。

 

本田望結は兄太一の影響でフィギュアスケートを始めており、2016年全日本フィギュアスケートノービス選手権大会では入賞、第39回京都府民総合体育大会・女子シングルジュニア幼年女子の部において優勝を果たしている。

f:id:ak2211:20170402234428p:plain

(引用元:http://trend55lets5.blog.so-net.ne.jp/)

 

フィギュアスケートに対して本田望結のコメントは

中学に入ったら「フィギュアスケート部があるので、絶対に入りたい」と言い「中学ではジュニアにレベルが上がるので頑張らないといけない」と残している。

おしゃれイズムまとめ

おしゃれイズムでは

・昨年話題になった「恋ダンス」を披露

家政婦のミタで共演した中川大志に恋?をしているような話

・中学生になるので「変な虫がつかないように」に対して、「上田さんのこと?」と返したり

・卵焼きをつくるのにはまっている

・姉妹と森での京都ロケ

・中学生になったら英語を頑張りたい

 

とのことだった。

女優とスケート選手の異例の両立

女優とスケート選手で異例の両立をしている本田望結、さらにはそれに加え学生という立場もあり"超多忙"の日々を送っているが、本人は「つらいとか、大変とかはない」と言っている。

 

彼女が持つ女優としての実力、スケート選手としての実力は両方とも折り紙付きである。難しいかもしれないが、世界でも異例の二刀流を果たしてもらいたい。

  

 

注目記事

・家政婦のミタが無料で見られるってほんと?

・【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題ch