青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

【4冠】「湯を沸かすほどの熱い愛」が第26回日本映画批評家大賞で計4冠に輝く

5月16日に行われた「日本映画批評家大賞」が開催され、2016年に公開された大ヒット映画「湯を沸かすほどの熱い愛」が計4冠に輝きました。

 

湯を沸かすほどの熱い愛の4冠の内容

「湯を沸かすほどの熱い愛」は作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞の計4つで受賞しました。

 

この結果について、監督の中野量太は

「主演女優賞の宮沢りえさん、助演女優賞の(杉咲)花と一緒に賞をいただけたことが本当にうれしい」

とコメント。

 

また、助演女優賞を受賞した杉崎花は

「反省もいくつもあったが、あの時の自分にできる精一杯のものを出し切ることができた。それは映画に携わって下さったたくさんの方々のおかげ」

との語っていた。

湯を沸かすほどの熱い愛のストーリー・あらすじ 

「湯を沸かすほどの熱い愛」のストーリーは以下のとおり。▼

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。

そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる...

母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

ざっくりストーリーを述べると、死にゆく母と見送る家族の物語になります。今回賞を受賞した宮沢りえ・杉崎花の演技、監督の中野量太の演出は”家族の絆”を再確認させてくれます。

湯を沸かすほどの熱い愛を見る方法 

「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る方法は3つあります。▼

 

TSUTAYAやゲオなどのレンタルショップでDVDを借りてくる

Amazon楽天などでDVDを購入する

・U-NEXTで見る

 

 

特にオススメはU-NEXTで、こちらだと無料でかつ今すぐ見ることができます!

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る方法

まずは以下のリンクから公式サイトに飛ぶと、こんなページが出てきました。

 

こんな感じの画面が出てきます。▼

f:id:ak2211:20170412200305p:plain

調べてみると31日間無料のようです。

 

そして、「31日間無料>まずは無料トライアル」をクリック。

以下の画面が出てきました。▼

f:id:ak2211:20170412200738p:plain

そして1分前後で必要事項を登録。あとはクレジットカード情報、または携帯代情報を入力しました。

これだけで31日間無料の登録が完了です。

U-NEXTで「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る方法

兄に愛されすぎて困ってます」と検索してみると、、、、

f:id:ak2211:20170517000336p:plain

こんな感じで出てきました。▼

f:id:ak2211:20170517000412p:plain

 

ただ1つ問題が、U-NEXTは見放題制とポイント制の動画ありますが「兄に愛されすぎて困ってます」はどうやらポイント制見たいです。

 

やっぱ、無料じゃ見れないのかな、、と調べてみたところ

 

どうやらU-NEXTは無料登録すると、600円分のポイントが貰えるそうです。▼

f:id:ak2211:20170412200525p:plain

この600円分のポイントから324円分使って、「兄に愛されすぎて困ってます」を無料で見ることができました。

本当に無料で見れるのか?

気になるのは本当で無料で見れるのか?ということです。

 

よく見かけるのは「1カ月間は無料だけど2カ月目も使ってね」というもので結局有料会員の料金を支払わなければならないということ。

 

調べてみるとU-NEXTの公式サイトで解約方法がのっていました。

f:id:ak2211:20170412200525p:plain

下の赤い文字の部分に書いてあります。▲

どうやら31日間の無料トライアルの間に解約すれば問題ないようです。

 

自分は忘れると怖いのでカレンダーに解約日をメモしておきました。

これで安心!♪

まとめ

日本映画批評家大賞で計4冠に輝いた「湯を沸かすほどの熱い愛」ですが、昨年度公開された映画でも3本の指に入るほどの名作だと自分は思います。

 

皆さんもこの機会にぜひこの名作映画をご覧下さい\(^o^)/