青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

【しゃべくり007】綾部が日本最後の番組に出演

アメリカへの渡米が既に決まっているピースの綾部が4月10日(月)の「しゃべくり×深いいSP」での出演を持って日本での番組は最後になります。

生出演はすでに終了

ピース綾部が最後に出演するのは「しゃべくり007」ですが、生出演は既に「追跡LIVE! Sports ウォッチャー」で最後でした。

 

この番組で綾部は「1年間、MCをやらせていただいて感謝しています。本当に幸せ者だともっています。一番好きな現場でした。成長させていただきました。ありがとうございました。」と番組への感謝の気持ちを述べていました。

なぜ「しゃべくり007」で最後

ピース綾部の日本最後の番組は「しゃべくり007」になりました。

 

最後の舞台になぜ「しゃべくり007」を選んだのか?その理由ですが、、

「僕らはまず最初にピースとして、6年前「しゃべくり007」に出させてもらって、そこから仕事がたくさんいただけるようになったので、最後はちゃんとこちらにご挨拶にこようと...」と語っています。

 

ピースはいつの間にか番組に出ていたので、”しゃべくり007”がきっかけとは知りませんでした。最後にきちんとお世話になった番組で占めるというのが、なんとも綾部らしいですね。

綾部はアメリカで何をするのか

f:id:ak2211:20170410225320p:plain

アメリカに渡米することが決まっている綾部ですが、実際に何の活動をするのかはまだ謎に包まれています。

 

ただこちらはアメトークに出演した際に少し語られていて、まとめると”お笑い芸人”と”俳優”を両立させたいとのこと。

 

「しゃべくり007」でもハリウッド映画に出て、レッドカーペットを歩くのが最終目標とも言っています。

 

本人の目標も高いので頑張ってほしいですね。

最後はピース2人で出演

最後の番組となる「しゃべくり007」には綾部と又吉2人で出演。

「今日がコンビで最後の仕事になる方々です」という紹介で登場。

 

いつものように「本当に(アメリカ)に行くのか?」「”行く行く詐欺”だろ?」とくりぃむしちゅーネプチューンチュートリアルから茶化されていました。

 

しかし、「この(「しゃべくり007」の)4月10日のオンエアが最後。これ以降は、僕はもうテレビに出ることはないです!」と綾部は改めて宣言していました。

綾部ロスの始まり 

番組では「4月10日以降は、皆さん“綾部ロス”です」と豪語する綾部。

 

それに対して又吉が

「皆さん『大丈夫なんか?』って心配してくださっているじゃないですか。コイツあまりに言われすぎておかしくなってて『みんなが俺を日本から追い出そうとしている!』って言うんですよ」と困り顔で告白。

 

綾部も、お蕎麦屋さんに行くと「いつまでいるの?」と言われるなどしていると語っていました。

期間は決めていない

番組内でいつまでアメリカにいるかとかは全く決めてないとのこと。

ただ短い期間だと旅行みたいになってしまうので、長い期間はいたいと言っていました。

又吉のコンビ愛

又吉は「(渡米を)発表した去年の10月の時点では、綾部はこんな弱気なこと言ってなかったんですよ。『勝負します』とカッコよくて、僕は正直相方としてうらやましいと思ったんです」と語る。

 

そして「それが(渡米が)近づいてくるとだんだんスタンスが変わってきまして、最近僕に『先生、仕送りのほうはどうなるんでしょうか』って」「具体的に『2000ドル』って額まで言われたんです」と暴露。

 

上田からは又吉に対して「今後、コンビの共演NGだよな?」と言われ「僕もいったん心を鬼にして、共演NGにします」といったものの、堀内健には「番組前に聞いたら寂しいと言っていた」と語るなどコンビ愛をみせていました。 

企画コーナー

企画コーナーでは“シャウト空手”を行いました。これは行った理由は、アメリカのオーディションで日本人は殺陣や空手を求められることが多いからだそう。

 

しかし、ここからしゃべくりメンバーの悪ふざけが始まり”シャウト寿司”や”シャウトPPAP”や”シャウトバイク”を披露。

f:id:ak2211:20170410225039p:plain

これらの”シャウト”を行った綾部は「日本での18年間の最後がこれか」とオチも神尾駅でした。

まとめ

本日でピースの2人での活動、そして綾部の見納めということで本格的な”綾部ロス”が始まりそうです。

 

アメリカでレッドカーペットを歩くのが最終目標というので、いつかはレッドカーペットを歩く綾部の姿を見てみたいですね。