青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

社会人が学んでおくべきこと

スポンサーリンク

社会人になると、学生の時と比べて生活スタイルが大きく変わる。

 

朝起きる時間が早くなったり、人前で話す機会が増えたり、責任があることを任されるようになったりなど色々ある。その中で自分が一番変わったと感じることは、勉強する時間が増えたことだ。

 

社会人になる前後は、自分が携わる業界への知識や技術に関することだけを勉強しておけばいいと思い勉強をしていた。しかし、働くようになると勉強すべきことは自分の業界に関する知識や技術だけでは足りないと感じた。関わる他の業界の知識もそうだが、それより保険・税金・社会人としてのマナーに関してはきちんと勉強しておいたほうがいいと個人的には思う。

 

 

保険・税金・マナーに関しては義務教育では教わらなかったことであり、全く勉強してこなかったという人が多いのではないだろうか。会社に就職した時、まずはじめに保険について説明を聞かされ、書類に必要事項を記入して提出してくださいと言われ提出した。そして、数カ月後の給料明細を見ると保険のために数万円控除されていて、驚いたことを覚えている。

 

もし、これから社会人になる人がいるのなら

  • 保険
  • 税金
  • マナー

この3つについても、軽くでもいいので触れておくことをお勧めする。

自分もまだ勉強中であるが、良い本などがあれば紹介していきたい。