青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

ちょいモテ恋愛テクニック

 

モテる人とはどんな人か?と考えたついでに

自分の経験からの話を少し載せようかなと思います。

 

相手に触れること

さりげなく、異性に触れた時、触れられた時ってドキッとしませんか?

すれ違いざまの時とか飲み会の席とか、コンビニでお釣りをもらう時とか

たまに上のパターンとかで触れられたりすることがあるけど、やっぱりドキッとするし飲み会とかだと気があるのかなーって思ったりする。

 

これは、男だけじゃなくて女も一緒であって、さりげなく相手に触れるっていうテクニックはかなり使えると思う。ただ触る部位を間違えるとセクハラと思われるので注意!

 

一番さりげないのは相手の手を触ること。何かものをとろうとしたときとか飲み会でグラスを渡してもらうときとか、ほんとにさりげない時にできるので少しやってみるといいかもしれない

 

 

相手に触れられること

逆に相手に触れられることがあるなら、好意を持たれていると解釈できる。(ただ1回きりでなく何度も触られる場合)

 

 

調べてみると心理的にだが、肩・頭・背中は恋人っていうよりかは友達として触ることが多いみたいだ。つまり、この時点ではあまり脈は期待しないほうが良い。

 

これがまたは下半身になるとかなり脈は期待できると思っていい。よくよく考えてみれば好きでもない人には手とか下半身は触らないし、あながち間違っていない説なのかと思う。

 

デートの時に

これは、二人きりで食事をする時だが、まずお店を選ぶ際に2人で横並びで座れるお店を探しておく。向かい合って座ると、相手に触ることができなく距離を縮めることができない。横並びなら、相手に触れることができるので上記のさりげなく触ることもできる。

 

また、心理的にだが相手が自分の話を前のめりで聞いてるとき足の向きが自分を向いているときは相手が自分に興味を持ってくれている状態である。向かい合って座るとこのような心理がわかりづらいが、横並びなら確認することができる。

 

ネットで調べれば、お店の中を見ることも出来るので、横並び座れるお店なのか確認してみるのもお勧めする。