青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

iphone8に新機能のARを搭載か

スポンサーリンク

こんにちは!気になるニュースがありました。

headlines.yahoo.co.jp

2017年の後半に発売される予定のiphone8に新機能としてAR機能を搭載するのでは?という記事です。

 

ただこれを見てもARって何?どんな使われ方をしているの?という方が多いと思います。そこで今回はARについて書いていきます。

ARとは何か

ARという言葉は聞きなれない人が多いと思います。

 

AR(Argumented Reality)は拡張現実という意味を表します。拡張現実とは現実世界で人が感知出来る情報に「何か別の情報」を加えて、現実を「拡張」表現する技術や手法のことです。

 

この技術が使われている例としては、ポケモンGOがあります。ポケモンGOでARモードというのを使うと、あたかも現実世界にポケモンがいるかのように見えます。

 

現実世界とコンピュータの情報をうまく組み合わせたものといってもいいと思います。

 

他にもIKEAの「IKEAカタログ」というアプリや「星座表」というアプリにもARの機能が搭載されています。

 

IKEAカタログでは、実際に自分の部屋に家具の3D映像を映すことができ全体の印象を確認することができます。

 

このようにすでにARの機能は様々なところに使われています。

すでにARを搭載しているスマホもある

Lenovoから出されている「Phab2 Pro」にはすでにAR機能が搭載されています。


Googleイベント、Tango対応スマートフォンで『Measure』アプリを見せてもらいました!

こちらは、ARの技術でフロア内にある柱の高さを瞬時に計測した動画みたいです。実際、柱の高さを計ろうとしたら相当大変ですよね。

 

はしごも用意しないといけないですし、高さが相当あるなら人手も必要になってくるだろうし、そういった作業もARを使うと簡単にできます。

 

Googleとしては今後、このARの技術を旅行やショッピングや不動産の領域に展開していくそうです。

まとめ

ARとは現実世界とコンピュータの情報を組みあわせた技術のことです。昨年大ヒットしたポケモンGOのようにすでに身近にある技術でもあります。

 

ARは2017年に流行るのではと言われている技術であって、今後はARの技術を使ったものが主流になっていくのではないのかなと思います。

 

実際iphoneに搭載されて、どういう使われ方をしていくのかはまだわかりませんが、私たちの生活をより便利にしてくれるのは間違いないでしょう。