青年の戯れ言

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年の戯れ言

音楽・映画・ITなどの最新ニュースをお届けします

【ABC】Acid Black cherryがAcid Blood Cherryに?新曲・ツアー?

 2017年4月3日の午後18時ごろ、YoutubeAcid Black Cherryの曲を聴こうと思い最近はまっている「君がいないあの日から・・・」を選択、動画が終わると何やら見たことのない動画が流れはじめる、、、

f:id:ak2211:20170403220825p:plain

動画のタイトルは「Acid Black Cherry」、、始めはAcid Black Cherry解散?かと思ったがエイプリルフールは2日前に終わっているし、「うーん、何だろう(゜.゜)」と見ていると画面が次第に血だらけになり、、

f:id:ak2211:20170403221414p:plain

Acid Black CherryからAcid Blood Cherryに変わった

f:id:ak2211:20170403221548p:plain

そして、突如始まるAcid Black Cherryを思わせる激しいサウンド

f:id:ak2211:20170403221740p:plain

激しいサウンドが飛び交うが飛び交う中、最後にyasuが現れ一言

「Blood」

といい動画は終わっている。

f:id:ak2211:20170403222042p:plain

 

Acid Blood Cherryとは何か

謎に包まれているこの動画。気になったので公式ホームページや公式ツイッターを見てみるが情報は一切なし。

 

唯一ある情報といったらTwwiterがこの動画をあげた時のツイートしかない。一体「Acid Blood Cherry」とは何か考えてみた。

Acid Blood Cherry = 新曲

おそらく一番可能性が高いと思うのが「Blood」という新曲が出るということだと思う。最新アルバムは2017年1月27日に出したカバーアルバム「Recreation4」だが、シングルとなると2014年10月22日に出した「INCUBUS」が最後になる。

 

約2年半も新曲を出していないことと、今回動画で流れたイントロ部分になると思われる激しいサウンドも「Blood」のものと思われる。(聞いたことのないメロディーだったし新曲なのは間違いない)

Acid Blood Cherry = ツアー

もうひとつ考えられるのはAcid Blood Cheeryというのは新しいツアーではないのかということだ。

 

ライブも会員限定の「Acid Black Cherry 2015 livehouse tour S -エス」以来していないことからも「Acid Blood Cherry」が今年行われるツアー名と考えることもできる。

新しいABCの始まり

2017年3月22日に「10th Anniversary Live Histroy -BEST-」を出しており2007年の「Acid Black Cherry」結成以来から今までの総まとめ?も行っている。

 

今までも「Acid Black Cherry 2009 Live"Q.E.D."」のあとや「Acid Black Cherry Project "Shangri-la"」のあとも少し期間が空き、その後にそれぞれ「Re:birth」や「Greed Greed Greed」を出し、それぞれごとに新しい進化したABCを見せてくれている。

 

記憶が正しければ「Re:birth」や「Greed Greed Greed」を発表するときも今回のようにファンへのサプライズという形で伝えていたはず。

 

おそらく今回の「Blood」もファンを楽しませてくれるyasuからのサプライズだと思う。演出好きなyasuならではの伝え方で、ファンにとっても嬉しい知らせだろう。

新曲「Blood」の可能性が大

追記 2017年4月10日

Acid Black Cherryの公式Twwiterに新曲「Blood」のジャケット画像と思われるものがツイートされました!

f:id:ak2211:20170410184139p:plain

近い内に正式発表がありそうですね!

Recreation4も発売中

yasuによるカバーアルバム「Recreation」シリーズの第4弾がいま大ヒットしている。yasuが昔聞いていた曲を「今に伝えたい」という思いから始まった(作詞作曲をしなくていいから楽)このシリーズが好きだという人も多いだろう。

 

収録曲

01.流星のサドル (久保田利伸 / 1986年)

02.星空のディスタンスTHE ALFEE / 1984年)

03.輝きながら… (徳永 英明 / 1987年)

04.三日月 (絢香 / 2006年)

05.CLOUDY HEART(BOØWY / 1985年)

06.青空 (THE BLUE HEARTS / 1988年)

07.青春のリグレット松任谷 由実 / 1985年)

08.私はピアノ (サザンオールスターズ / 1980年)

09.Forget-me-not (尾崎 豊 / 1985年)

10.フライングゲットAKB48 / 2011年)

11.M (プリンセスプリンセス / 1989年)

12.Tomorrow never knowsMr.Children / 1994年)

 

 

となっており、「三日月」「Tomorrow never knows」など誰もが知っている曲も収録されている。基本的にカバーアルバムは嫌いだがyasuの綺麗な声で聞く「カバーアルバム」は不思議と聞いていられるし、本家よりも好きになることが多い。ぜひ気になった人には聞いてほしい。

 まとめ

今までのABCから考えてみて「Blood」という新曲が近い内に発表されるのが一番有力かなと思う。

 

個人的に一番始めに動画を見た時は「Janne da arc」の復活かな?と思ったけれど違ったみたいだった。(そろそろJanne da arcの情報も欲しいな)

 

最近はABCもシングル・ツアーと何もない状態だったので今回の知らせはyasuファンとして正直かなり嬉しい。今年も目いっぱいABCを楽しみたいと思う。

 

新アルバム「Acid Blood Cherry」についてまとめています。▼

www.akanohata.com

 

 

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LLA4pGN-hjQ)